月に6本以上の宅配水をお使いの皆さま。
その選択は本当にベターでしょうか?

日常だけでなく、緊急時でも安全な飲料水を造る。
常災兼備のオフィス・店舗向け高性能逆浸透膜浄水器
ハイドロピュア VT-2/R.O.tation


宅配水と同じ品質で

■月々の利用料金と水の消費量を考えて、宅配水よりコスパのいい方法があったら!
■その場で飲料水を造るので、毎月のボトルの注文が要らないとしたら!
■ペットボトルのプラごみや、トラック輸送のCO2も出さなくて
■断水しても、貯水槽やプールの水、風呂の残り湯から飲料水が造れるとしたら!


そんな優れモノの浄水器があっても、それでも宅配水を選びますか?


宅配水は、水道水や地下水を逆浸透膜システムで純水にしたものをボトリングしています。
ハイドロピュア VT-2/R.O.tationは、宅配水と同じ逆浸透膜で、その場で純水を造ります。

          どちらも同じ純水ですので、水自体の差はありません。

ハイドロピュア VT-2/R.O.tationの優位性 その1 コストパフォーマンス


宅配水6本(72ℓ)/月のご利用料金=9,350円

ハイドロピュアのレンタル料金=7,500円/月(一定)
浄水量は1,000~3,000ℓ/月
コストパフォーマンスに圧倒的な差があります。


ハイドロピュア VT-2/R.O.tationの優位性 その2 災害対応

地震等の災害で断水になったとき、
宅配水はボトル1本分で4人が1日に使う飲料水が確保できます。
運よく6本全部が残っていれば24人分が賄えます。
ただし、これらは1日で使い切ってしまいます。
ハイドロピュアは、本体に内蔵した高性能逆浸透膜システムで、貯水槽やプール、
風呂の残り湯などがあれば1日に300ℓの飲料水を造ることができます。
1人が1日に必要な飲料水は3ℓ。
大災害の発生から本格支援が始まるのは3日後と言われています。
ハイドロピュアは、支援が始まるまでの間、1日あたり100人分の飲料水が賄えます。
人数によっては、洗濯や食器洗浄、身体を清潔に保つための水も確保できます。

我が国の自然災害は確実に増加しています。
災害自体を防ぐのは難しいかもしれませんが、災害への備えは事前にできることがあります。
宅配水からハイドロピュア VT-2/R.O.tationへの置き換えは、
コストパフォーマンスと災害対応だけでなく、
SDGsのゴール目標に向けた行動が問われる今の時代に「環境問題の低減」にも貢献できます。
利用者から「問題意識の高い会社・店舗」と評価されるかもしれません。

災害を意識しない日常から使える製品。それが「常災兼備」です。
ハイドロピュア VT-2/R.O.tationは毎日使えて、安心への備えにもなる浄水器です。
この機会に是非ご検討ください。
詳しくは当社窓口にお尋ねください。皆さまからのお問い合わせをお待ちしております。

電話 044-754-2892 090-2455-3618 勝浦

製品名ハイドロピュア VT-2/ R.O.tation
動力水圧 AC100V
通常時の供給水水道水/地下水
供給水の温度4~38℃
吐出水の温度冷水:5℃ 熱水:80℃
タンク容量(冷却/加熱)冷水5ℓ 温水2ℓ
給水用タンク10ℓ
造水量約300ℓ/日
消費電力冷水:90W 温水:210W
外形寸法W250 x D418 x H1250 mm
質量約25kg
除去物質粗ごみ、塩素、臭い、化学物質、農薬類等 
製造者株式会社エイアイティ


Design & Copyright © 2006 NIPPON BASIC Co.,Ltd. All Rights Reserved.